育てにくい子の力を伸ばす2つの関わり方

私は多くの発達上の課題を抱えた子やその養育者と関わってきましたが、恥ずかしながら私もどうしたら良いかわからないケースが多いです

理想はいくらでも言えるのですが、現実とすり合わせるとなると、「実際にはかなり難しいですよね」という話になります

一方で比較的解決可能な問題もあります

発達障害のほか、ギフテッドなど広く養育上の難しさを抱えるお子さんの相談があります

カバさん
カバさん

ギフテッドの子は、知的能力は極めて高い一方で様々な困難を示すよ!

中には、非常に優れた学力や才能を備える人がいますが、認知能力のアンバランスや発達障害の併存しているケースもあり、様々な適応上の問題を幼児期から抱えているケースが多いです

本項では、特に就学前の幼児までの関わりの中で解決しやすい感覚の問題について、いくつかポイントを踏まえて述べたいと思います

まずは環境調整

カバさん
カバさん

育てにくさ、というのは、養育者の状態とお子さん自身の特性、双方が関係しているよ!

養育者の(置かれている)状態をすぐに変えることは難しい場合が多いですが、環境を整えたり、子どもへの対応を変えたりすることはできる場合が多いです

例えば、環境から受ける刺激を整えたりすることで、子どもが落ち着くことがあります

感覚過敏

子どもが持つ特性の中で、感覚過敏(触覚だけではなく、視覚や聴覚、嗅覚、味覚なども含む)が強いお子さんがいます

ある子は50Hzで明滅する蛍光灯が苦手、といった様に、私たちが感じることができない感覚を感じる子も多くいます

感覚の偏りは、感じた子自身にしかわからない

ですが、その不快な刺激から解放してあげると、随分子どもは助かるはずです

おやつしか食べられない、など極端なものはともかく、偏食のあるお子さんの場合、無理に食べさせる、という指導はやめてください

料理の工夫をして頑張っているお母さんもいるのですが、とっても大変なので、ほどほどで良いでしょう

感覚の問題は、発達障害の他通常のお子さんにも広く見られ、ギフテッドのお子さんにもよく見られます

カバさん
カバさん

理由もなく子どもが落ち着かず、不快に感じているなら、まず感覚の問題を疑おう!

ごちゃごちゃしたところが苦手だったり、ある特定の音や匂い、感覚、味が苦手だったり、その子によって様々です

不快を取り除いてあげることが第一優先

幼児の場合は、言葉で訴えるのが難しいので一つ一つ観察して状態を確認します。
成長して話ができる様になると、「この服は痒くて着られない」などと自分から(もしくは養育者が尋ねて)話してくれることもあります

カバさん
カバさん

逆に特定の刺激を取り入れることで落ち着いたりすることがあるよ!

トランポリンなど跳ねるものが好きだったり、ふわふわしているものが好きだったり、様々です

多動のお子さんに握って感覚を楽しめるものを持たせると、落ち着くことがあります

続けられる育児

養育者の方には「まずは環境を整えてあげる(子どもにとって不快な環境を変える)、そして無理をしない(長続きしないことはしない)、最後に必ず褒めてください」とお話ししています

カバさん
カバさん

特に感覚の偏りがある場合は、まずは簡単にできそうなことから始めよう!

子どもが問題行動を起こす場合は、本人に合わない環境であったり、誤学習を起こしてしまったりということが考えられます

問題行動を強めている要因がわかれば、それを取り除いたり、代わりのものに置き換えたりするなど、環境を整えてあげることで解決することがあります

そして、できていること、頑張っていることをすかさずに褒めてあげましょう

特別なことができた時にだけ褒めるのではなく、ご飯を全部食べた、トイレに間に合った、という当たり前のことも褒めてあげてほしいです

環境調整・無理をしない・褒める

より良い育児は親の余裕から始まる

カバさん
カバさん

子どもに怒ってしまって「余裕がないな」と感じた時には、まずは養育者自身がリフレッシュしよう!

子育ては、頑張りすぎると疲れます。無理をして潰れてはもともこもないので、適度に手を抜いてほしいです。
例えば、一時預かりの制度を使って半日子どもを預け、好きなことをしてみるのも大事です

カバさん
カバさん

余裕が出てくると、子どもの違った姿が見えてくることがあるよ!

持続可能な育児を目指しましょう

コメント