朝の支度がなかなか進まず、忘れ物も多い子への2つの対応の仕方

子どもの気になる姿、困った行動には、それぞれ理由があります

同じ行動に見えても、人によって、状況によって、その理由は異なります

そのため大人は「なぜそうなのか」その理由を知った上で関わっていくことが大切です

そして理由がわかったらそれに合わせた対応ができ、子どもは「わかってくれた!」と安心できます

カバさん
カバさん

子どもの気になる姿、困った行動は「私のことわかって」という子どもからのSOSだよ!

障害名は関係ありません

これならできそう!やってみたい!と思えることから試してみてください

朝の支度ができない

保護者
保護者

朝の支度ができず、1つ1つの動作に時間がかかります

保護者
保護者

親も忙しいので、つきっきりにもなれず、早くしなさい!と声をかけるだけ。でも全く進まず、結局、時間がなくてバタバタと出ていき、忘れ物した!という繰り返し。何度言っても改善しません

脳が原因

朝の支度が進まない・・・こうした姿は、子どもなら当然とも言えますが、発達の偏りが要因となっているケースも多々あります

カバさん
カバさん

まず考えられるのは、不注意!

すべきことはわかっているのに、うっかり忘れてしまったり、途中で目に入ったおもちゃやテレビに気を取られて、支度するのを忘れてしまったり、ということです

また、ワーキングメモリ(一時的な記憶)がうまく働かないと、顔を洗って→着替えて→ご飯を食べて→歯を磨いて・・・と言った朝の手順を頭に入れて行動するのは至難の業

今、何をすべきなのか、すぐにわからなくなってしまいます

忘れ物が多いのも、ほぼ同じ理由です

カバさん
カバさん

失敗を繰り返し、何度も注意されると自尊心が低下するよ!

なお、朝、起きても覚醒レベルが上がらないため脳が目覚めず、起きてもぼーっとしたまま、動き出すのに時間がかかるということもあります

どうしたら良い?

絵カードで「思い出す」工夫

「思い出す」「見通しを持つ」工夫を考えましょう

こうした子たちは、見る力が優れていることが多いので、視覚的に伝えるようにすると良いですね

ただ、朝は親御さんも忙しく、いちいち付いて見守るのは難しいと思います

休日など余裕のある時に、しっかり教えるようにして、毎日やらなくてはと頑張りすぎないようにしましょう

カバさん
カバさん

何度かやって習慣がついてくると、声をかけたり手を出したりする回数が減ってくるよ!

ボードに貼る

朝やるべきことを、絵や写真にし、手順に沿って並べておきます

1つ1つ確認しながら支度を進め、終わったら、箱に入れるようにしてもOK

2つ並べて見せる

「着替える」と「ごはん」などの絵カードを2つ並べ、次の行動とセットで見せることで、見通しがつきやすくなります

忘れない、無くさないために

カバさん
カバさん

子どもの不注意を治そうとするのではなく、忘れることを前提に付き合おう!

本人の努力不足でも怠けているわけでもないのです

忘れ物が多いことは、幼児のうちはあまり問題になりませんが、小学校に入ると、毎日の持ち物のほか、お知らせプリントや連絡帳など、自分で管理しなくてはいけないものが多くなります

カバさん
カバさん

忘れない工夫を考えよう!

翌日の持ち物を、1つずつ付箋に書いて連絡帳に貼っておく→夜のうちに付箋を見ながら持ち物の準備。揃えたら付箋を外していく→毎日の持ち物は、いつも玄関の決まった場所に置いておく

カバさん
カバさん

こうした工夫で忘れ物が減ったり、自分で気づけた時にはしっかり褒めよう!

コメント