人と関わらず、いつも一人な子への2つの対応の仕方

子どもの気になる姿、困った行動には、それぞれ理由があります

同じ行動に見えても、人によって、状況によって、その理由は異なります

そのため大人は「なぜそうなのか」その理由を知った上で関わっていくことが大切です

そして理由がわかったらそれに合わせた対応ができ、子どもは「わかってくれた!」と安心できます

カバさん
カバさん

子どもの気になる姿、困った行動は「私のことわかって」という子どもからのSOSだよ!

障害名は関係ありません

これならできそう!やってみたい!と思えることから試してみてください

友達ができない

保護者
保護者

いつも一人で黙々と遊んでいる

保護者
保護者

家では静かでいいのですが、園や学校でも、友達との関わりはほとんどないようで、心配

保護者
保護者

遊びもいつも同じで、友達が混ぜてといっても無視しています

保護者
保護者

一緒に遊ぼうとそばにきた友達を、突き飛ばしてしまうこともあります

それはなぜ?

人と関わる力とこだわりが関係

人への関心が薄い、目が合わないというのは、自閉症スペクトラム障害の特性でもあるコミュニケーション力の育ちが関係しているかもしれません

カバさん
カバさん

人より物への関心が強い場合、意識して人との関わりを作っていかないと、人間関係はなかなか広がらないよ!

また、いつも同じ遊びをくりかえるというのは、興味の偏り・こだわりが考えられます

興味・関心の範囲がとても狭いので、興味のあること以外には全く意欲を示さないのです

多くの子たちは、3歳頃から友達と一緒に遊ぶことを楽しみ始めますが、人への関心が薄く、興味の偏りが強いと、4歳を過ぎてもいつも一人、同じ遊びを繰り返す、ということもあるのです

混ぜてと言って入ってきた友達を突き飛ばしてしまうのも、その相手が嫌なのではなく、自分の思い通りに作っている世界を壊されると感じて、避けようとしただけなのかもしれません

カバさん
カバさん

外に意識が向いていないので「混ぜて」という声も耳に入っていないかもしれないよ!

どうしたらいい?

好きな遊びから人との関わりに繋げる

一人遊びから、他の子を意識し始めるのが2歳ごろ、実際に役割分担をしながら友達と交流してごっこ遊びやゲームをするようになるのは3歳ごろからと言われています

そのため、4歳過ぎても全く友達に興味を示さず、いつも一人という場合、少しでも周りを意識したり、遊びの幅を広げたりということを試してもいいかもしれません

ただ、同年齢の子とでは、やりとりの中で自分の予測と違うことが起こりやすく、不安が増す可能性があります

その点、大人は子どもに合わせて遊ぶことができるので、まずは親子二人で遊ぶことから始めましょう

カバさん
カバさん

本人が今、興味を持ってやっている遊びから広げるのがいいよ!

電車を並べて遊んでいるなら、隣で駅や車庫を作ってみるとか、お客さんを乗せてみるとか

初めは、本人の遊びのパターンを崩さないことが大切です

カバさん
カバさん

それを繰り返すうちに、遊びの中で楽しい気持ちを共有したり、視線を交わしたりということが増えてくるよ!

大人と一対一の遊びに慣れてきたら、少し年上の兄弟や友達、そして同年齢・・・というように、少しずつステップアップしていきましょう

好きなことに没頭できる時間を保障する

カバさん
カバさん

入園・入学や進級で環境が変わると、不安は強まるよ!

園や学校では、緊張する場面、我慢しなければならないことも多いので、せめて家では好きなことに没頭する時間を保障しましょう

毎日、家に着いた途端、お風呂場のシャンプーリンスの並んでいるのを確認し、ミニカーを全部並べ直して、初めて落ち着くという子もいます

帰ってからずっと好きなブロック遊びをしている、という子もいます

カバさん
カバさん

園や学校での変化に富んだ生活で疲れ切っているので、家で「変わらないもの」をみて、気持ちを落ち着かせてるよ!

そんな姿が見られたら、「ああ、この子は園(学校)で、すごく頑張っているんだな」と思って静かに見守ってほしいと思います

コメント