予定の変更が許せず、パニックになる子への2つの対応の仕方

子どもの気になる姿、困った行動には、それぞれ理由があります

同じ行動に見えても、人によって、状況によって、その理由は異なります

そのため大人は「なぜそうなのか」その理由を知った上で関わっていくことが大切です

そして理由がわかったらそれに合わせた対応ができ、子どもは「わかってくれた!」と安心できます

カバさん
カバさん

子どもの気になる姿、困った行動は「私のことわかって」という子どもからのSOSだよ!

障害名は関係ありません

これならできそう!やってみたい!と思えることから試してみてください

パニック

保護者
保護者

いつも通る道が工事中だったので、別の道から行こうとしたら大騒ぎでパニックに

保護者
保護者

いつもと違うことが許せず、毎日園の帰りに寄るスーパーがお休みの時は、シャッターを叩いて泣いていました

保護者
保護者

物の置き場所や並び順にもこだわりがあり、掃除するので大好きな人形を別の場所に移動したら、ものすごい勢いで怒っていました

原因

気持ちの切り替えにくい脳の癖

予定の変更が受け入れられない子は、柔軟に考えるのが苦手で、気持ちの切り替えにくい脳の癖があると考えられます

本人の中では、こう、と決めた予定があって、その通りにいかないことが、どうしても許せないのです

また、予定が変更することで、見通しが立たない、これから何が起こるのかわからな状況がとても不安で「こういうことかな?」と想像するのも苦手なので、不安は高まる一方

カバさん
カバさん

強い恐怖でパニックに陥ってしまうこともあるよ

パニックになると全てが刺激になる

気持ちを切り替えるのが苦手なので、一度パニックになるとなかなか落ち着くことができません

カバさん
カバさん

安心させようと思って言い聞かせたすると、それがまた刺激になって、不安が高まってしまうこともあるよ

どうしたらいい?

まずは気持ちを落ち着かせる

一度パニックになってしまったら、落ち着くまでは何を言っても頭に入りません

カバさん
カバさん

周りの安全を確保した上で、子どもから少し離れ、静かになるのを待とう

家の中であれば「クールダウン」のスペースを作っておいて、もやもやした時にはそこに入る、というようにしておくといいでしょう

どんなスペースがいいかは、その子によって違います

カバさん
カバさん

子どもと一緒に相談してスペースを作りをするといいよ!

なお、外出先でパニックになることもあるので、どこにいてもクールダウンできる方法を考えておきましょう

例えば、大きめの布を常に持参して、すっぽりかぶるだけで落ち着ける、ということもあります

これも子どもと相談して決めていくといいですね

本人を受け止め変更をお願いする

カバさん
カバさん

落ち着いたところで、まず本人の中にある「予定」を確認し受け止めよう

その「予定」は、その子にとって気持ちが安定する大切な予定であり、決められたパターン

それを軽く考えて、簡単に変更してしまわないことです

その上で、「いつもはこうだけど、今日はこう」というように「変更」を強調して知らせます

その際、言葉だけでなく、絵を描いて、どこが(何が)変わったかをわかりやすく伝えるといいでしょう

もし、その変更が一時的なことなら、元に戻すということも伝えておきます

子どもは、「自分の『こだわり』をわかってもらえた」、と実感できると、その人の言うことならと、少しずつ許せるようになってきます

カバさん
カバさん

納得して譲ることができた場合は、「わかってくれてありがとう」と伝えよう!

コメント