【支援者向け】最新のペアレント・トレーニング事情

子育てをしていく中で、寝付きが悪い、偏食が強い、癇癪がひどい、こだわりが強い、興奮しやすいなど、育てにくさを感じて悩むことは、どの親御さんも一度は経験したことがあるでしょう

自我が芽生えてくる2〜3歳のイヤイヤ期には癇癪もこだわりなどが増え、対応に困る親も多くいますが、一般的にはそれは一時的なもので、言葉が発達して自制心が育つ様になれば落ち着いてきます

カバさん
カバさん

しかしその困り感が人より強く、時期を超えても子どもの様子に変化が見られない場合には、その原因が子どもの発達の遅れや偏りにある場合があるよ!

小さいうちは個性だと思っていても、幼稚園や保育園などで集団生活を送る中で、園からの指摘によって親が発達の偏りに気づくことは多いです

この記事では、育てにくさを感じる親のためのICTを利用したペアレント・トレーニングについて解説していきます

発達障害の現状

2022年12月に文部科学省は通常の学級に在籍する小中学生で、学習や行動面に著しい困難を示す発達障害の可能性がある児童・生徒が8.8%であることを発表しました。
小学校だけで見ると10.4%であり、1割を超える児童に発達障害の可能性があることが示されました

この調査は2002年から10年ごとに実施され、その割合は年々増加しています

これは公立学校の通常級における調査であり、特別支援学校、特別支援学級、私立学校に在籍している子達、そしていわゆるグレーゾーンと言われる子たちも含めると、我が国全体で何らかの支援が必要な子達の割合は、もっと高い数値を示すことが推測できます

1割以上の子が発達障害=発達支援は重要

発達障害による行動障害

発達障害の子たちは、しばしば日常生活や社会参加を困難にする行動上の問題が見られることがあります

カバさん
カバさん

ASD児の13〜30%が何らかの重度の行動障害がみられると言われているよ!

これらの行動上の問題は幼児期から始まりますが、大人になっても続くことが多く、だんだん深刻化していく傾向にあります

厚生労働省は行動上の問題が強度行動障害や被虐待リスクと関連することを指摘しており、幼児期からの早期介入が求められています

ASD児の親のストレス

ASDの子の親は言葉や認知の問題、こだわりの強さ、感覚の過敏性など子どもに関する様々な悩みを抱えていますが、特にこの行動上の困難については他の問題に比べてさらに強いストレスを感じています

そのため、定型発達の子の親や、ダウン症候群、脳性麻痺、知的障害などの他の障害を持つ子の親よりも、ストレスのリスクが高いことや、鬱・不安などの精神症状を発症するリスクが高いことが示されています

親の精神的に不安定な状態が被虐待リスクと関連していることは否定できないため、子どもの行動上の問題がまだ重篤化していない早期に介入する方法を考え、親のストレスや不安を低下させる試みを行うアプローチが必要です

ASD児の親は育児ストレスを感じやすく、虐待リスクも高いため早期の介入が必要

ペアレント・トレーニングとは

ペアレント・トレーニング(PT)とは、行動理論の考え方に基づき、親が子どもとの関わり方や具体的な対応について学ぶもの

カバさん
カバさん

親が子育ての自信、自己肯定感、自尊心を取り戻すのに有効なプログラムだね!

PTは1960年代にアメリカで始まりました。
現在では、親が子どもとのより良い関わり方を学びながら、日常の子育ての困りごとを解消し、子どもの発達促進や行動改善を目指すことを目的として行われています

日本に限らず世界でも、発達障害児や発達の気になる子を育てる親を対象としたPTが多く実施されており、厚生労働省や世界保健機関(WHO)も発達障害児の親へのPTを推奨しています

効果と種類

ペアレントトレーニング(PT)を行うことで、子どもへの対応を学ぶだけはなく、子どもとその家族への支援の手立てが増え、親同士の繋がりを作ることができることが期待されます

PTには、予防的な介入としてのPTと治療的な介入としてのPTの2つの側面が考えられます

予防的介入

誉め方、環境調整、指示の出し方など、親が家庭で取り組みやすいプログラム構成であることが多いです

未診断の子の親を含めて実施することができるため、子育てプログラムとして自治体などで幅広い方を対象として実施されています

治療的介入

主に医療機関で実施されており、診断を受けた子の親が、子どもの特性に応じた関わり方を学ぶプログラムです

医療者から投薬だけでなく、具体的な介入方法のアドバイスをもらうことができ、子どもの症状が重症化する前に対応できる様になります

カバさん
カバさん

さらには親の会などの地域の支援者やメンターとも繋がりができ、支援体制の充実も期待できるね!

ICTペアレント・トレーニング

ICTは「Information and Communication Technology(情報通信技術)」の略で、通信技術を活用したコミュニケーション。 情報処理だけではなく、インターネットのような通信技術を利用した産業やサービスなどの総称

日本でのペアレントトレーニング(PT)は予防的な介入、治療的な介入ともに、当事者同士や地域の支援者とのつながりも重要な目的として考えてきました

そのため、従来は対面形式で行うのが一般的で、その効果も認められてきました

しかしPTを実施できる専門家が全国的に不足していること、PT参加のために仕事を休みづらいこと、過疎地や離島などPTが開催されない場所に居住している場合など、いくつかの課題があることが指摘されてきました

ICTPTは講義・課題・ワークから構成され、講義はオンデマンドで配信したものを自分で学習する自己管理型学習で実施されている

そうすることで自分の生活スタイルに合わせて視聴することが可能です

ICTPTでは仕事をしながら受講する方も増え、対面型より受講しやすくなったという声が上がっています

カバさん
カバさん

対面型では母親のみの参加が多いけど、ICTPTでは夫婦一緒に参加できるね!

ICTのデメリット

その一方で、対面型では自然に行われていた毎回の参加者同士の雑談や意見交換が無くなりました

対応として、インターネットのビデオ通信技術を利用して定期的にリアルタイムのワークを実施したり、LINEチャット機能を使って参加者同士の交流が行われています

参加者にとって選択肢が増えたことは非常に良いことだと感じていますが、支援者・参加者ともに対面型・オンライン型それぞれのメリットとデメリットをよく把握した上で、どちらへ参加をするのかを決めることが求められます

発達障害の子を持つ親のストレスや不安を低下させるためにも、早期の子どもの問題行動にターゲットを置き、幼少期に確実に問題行動を減らすために支援していきたいですね

おわりに

支援者としての個人の力を伸ばす・より力を発揮できる場所で働くという点では転職を考えてみるのも一つの方法です↓(保健師の求人も多くおすすめです)
あなたの”理想の職場”が見つかる!【ジョブデポ看護師】

転職活動に対して踏み切れない人も多いですが、迷っている時間の分だけ人生の時間を損していることになります

無料で登録しておくだけでも、人生の選択肢を一つ増やしておくことができると思うのでぜひ登録してみてください

コメント