子どもの発達の相談・支援先11選

子どもの発達相談を支援するところとして、様々な機関があり、随時相談を受け付けています

保護者
保護者

発達について相談したいけどどこに相談したらいいの?

そんな思いに応えていきます!

それぞれ、どんな人がいて、どんなことを行なっているのか、知っておくと良いでしょう

なお、各機関の名称、呼び方は地域によって異なります

子育ての相談をしたい

・保健センター:総合的な相談
・子育て支援事業:専門家による育児相談
・保育施設:身近な相談先
・子ども家庭センター:預けたい時
・児童相談所:発達検査、手帳

保健所・保健センター

各自治体にあり、就学前の子どもの発達において、一番身近な相談機関と言えます

乳幼児健診の際に保健師に相談し、医療や療育など専門機関に繋いでもらうこともできます

この時期はまだ専門的な診断より、気になる育ちの様子を見てもらう、という意識で良いでしょう

子育て支援事業

子育て家庭の支援活動を行います

各自治体による公的機関から、民間団体が運営するものまで様々、サービス内容はいろいろで、専門家による育児相談を受け付けているところも多くあります

保育所、幼稚園

自治体やその施設によって対応は異なりますが、基本的に子どもとその保護者の支援を行います

就園後は一番身近な相談機関ですが、子どものことを理解してもらえず、担任との関係があまりうまくいっていないと、話しづらいということも

その場合は、園以外の所で相談相手を探しましょう

在園児以外の地域の親子を支える取り組みとして、園庭開放や育児相談などを行なっている所も多くあります

保育士や看護師・栄養士などに相談でき、近所のママ・パパと知り合ういい機会でもあります

子ども家庭支援センター

18歳未満の子や子育て家庭のあらゆる相談に応じる他、ショートステイや一時預かりなど、在宅サービスの提供やサポートを行なっています

地域の子育てに関する情報も多く持っています

児童相談所、児童相談センター

18歳未満の子を対象とする相談の総合的な窓口

発達障害の相談も受け、必要に応じて、発達検査や診断を行うことも

療育手帳の交付や各専門機関の紹介なども行います

就学・教育の相談がしたい

教育委員会・教育センター

各自治体にあり、学校教育全般に関わっていますが、その中の教育相談事業として、支援を必要とする子どもの就学相談を受け付けています

就学相談は、就学前年に限らず早期からの相談が可能

就学後は教育相談として、特別支援教育関連の相談もできます

小学校

各自治体や学校によって対応は異なりますが、基本的に在籍している子とその保護者の支援を行います

校内に配置されているスクールカウンセラーや特別支援教育コーディネーターなど専門家に相談することもできます

そこからさらに専門機関に繋いでもらうこともあります。

専門的に診療・相談を行います

医療機関

発達障害を専門に見るのは、児童精神科・小児神経科の一部の医師で、診断もそこで行われます

療育まで同院内で行う所と、療育は別機関と連携して行う所があります

その他普段見てもらっているかかりつけ医(小児科医・内科医)の中にも、発達障害の詳しい医師がいることがあるので相談してみても

療育機関

主に発達に偏りがある子を対象に、必要な療育・指導を行います

心理や言語・作業療法などの専門家が、個人の特性に合わせた療育を計画し、指導にあたります

親子通園施設や言葉の教室なども療育機関の1つ

小学生以上も受け入れる療育機関は少ないので、就学以降は「放課後等デイサービス」を活用しても○

発達障がい者支援センター

各都道府県に1箇所以上あり、幼児から成人まで発達障がい児・者を対象に、相談、発達支援、就労支援を行います

近くにない場合は、電話相談も受け付けています

子ども発達支援センター

主に子どもの発達や療育に関する相談に応じます

発達の気になる子を対象とする遊びや指導を実施してる所もあります

コメント