子どもの発達が気になるときは健診を活用

定期的な乳幼児健康診査の機会を通して発達の偏りに気づき、専門機関につながるケースも多くあります

お子さんの発達が気になる場合、この健診の機会を有効に活用できるよう、親御さんからも積極的に質問していくと良いでしょう

この記事では、健診の場を有意義な時間とできるよう、解説してきます

乳幼児健診

カバさん
カバさん

法的に定められ、全国で実施されている健診は1歳6か月児と3歳児の2回だよ!

該当年齢が近づくと、自治体からお知らせが送られてきます

健診では、保健師、医師のほか、言語聴覚士、臨床心理士など発達の専門家からアドバイスを受けることができます

また、必要に応じて地域での支援サービスに繋げてもらうこともあります

カバさん
カバさん

発達障害の傾向を見るという観点で言うと、気づきやすのは自閉症スペクトラム障害(ASD)だね!

と言うのも、自閉症(ASD)の診断基準となる対人面やコミュニケーションについては、0〜3歳で著しい発達を遂げるため、遅れが明らかになりやすいのです

一方幼児期の多くは落ち着いがないため注意欠陥・多動性障害(ADHD)かどうかの判断は難しく、学習面に現れるLDの診断も年齢的に無理があります

健診では、育児困難や育児不安を抱える母親の支援も重視しています

親の「育てにくさ」を聞く過程で子どもの発達上の課題に気づく場合もあります

健診ではASDには気づきやすいが、ADHDかどうかは判断が難しい

1歳6か月児健診

心身の発達の確認、疾病の早期発見などが主な目的です

具体的には次のような点を確認します

・アイコンタクト
・大人の動作を真似る
・指差しを目で追う
・興味のあるものを指差しで伝えたり、持ってきて見せたりする
・簡単な指示を理解する
・見立て遊び
・社会的参照(不安な時に親の顔を見て確認する)

3歳児健診

発達障害の可能性も視野に入れて行われ、具体的に次のような点を確認します

保護者からの聞き取り

会話の様子・興味の偏りやこだわり・注意、集中、多様性 など

子どもから

名前や年齢などの簡単な質問に対する応答・大小や長短、色などの認知発達の確認 など

健診会場での他児との関わりや親子の様子を観察することもあります

5歳児健診

カバさん
カバさん

発達の偏りの早期発見、早期支援が目的だよ!

最近、5歳児健診を行う自治体が増えてきています

主な目的は、3歳児健診では明確にならなかった発達の偏りになるべく早く気づき、必要な支援に繋げること

自治体によっては、医師が健診に加わらない「5歳児相談」「発達相談」などもあります

5歳は園の年中クラス

ほとんどの子どもが保育所や幼稚園での集団生活を経験しているため、集団適応に関する困難は見えやすくなっています

また、就学まで1年以上あるこの時期に発達上の課題が明確になることで、早くから就学を意識した支援を行うことができるのです

個別の診察と、集団行動の観察とがあり、医師の診察では、主に集団適応力や認知発達、情緒の安定性などを見ています

また、ほとんどの5歳児健診では、園の担当保育者が同席し、園生活での状況を伝えています

健診を保育所や幼稚園で行うことも多く、その場合は、集団遊びの中での行動・様子を見ることもあります

5歳児健診は園での状況を踏まえ、早期支援に繋げる目的がある

就学時健診

カバさん
カバさん

学校生活に向けて心身の状態を確認するよ

就学の前年10〜11月ごろ、小学校を会場として保護者同伴で行われます

学校での集団生活に備え、心身の状態を確認することが目的で、基本的な身体検査のほか知的発達についても検査します

身体的な疾病が見つかれば治療を勧められ、発達的な要因で支援が必要とみなされ、就学相談を勧められることもあります

保護者の側からも、就学にあたって心配なことがあれば、この場で相談してみると良いでしょう

コメント

タイトルとURLをコピーしました