【支援者向け】妊産婦のメンタルヘルスケアと産後ケア

妊娠中や産後はメンタルの不調をきたしやすいです

この記事では、どのような症状が見られるのかや、実際に支援する際のポイントなどを解説していきます

周産期は心の不調をきたしやすい

カバさん
カバさん

周産期は妊娠・出産による生活スタイルの変化が大きく、ストレスがかかりやすいね!

例:妊娠のため、仕事を辞めないといけない。出産後、日中赤ちゃんと二人きりでいないとならず、友達ともなかなか話せない。赤ちゃんの世話で忙しく、自分の時間が持てない

妊娠中や出産後は、うつ病が起こりやすい時期

産後うつ病の発症率は10〜15%と極めて高率です

女性の5人に1人が一生のうちに一度はうつ病にかかると言われ、女性は男性の2倍うつ病にかかりやすいです

妊産婦のメンタルヘルス不調

育児困難感をきたしやすいです

また、養育不全、児童虐待のリスクとなると母親の児殺企図、嬰児殺し、母子心中につながることもあります

養育不全になりやすい産婦の特徴

・コミュニケーションが不自然
・注意が散漫で、スタッフの話が抜けていきやすい
・多弁で忙しない
・身の回りがだらしない
・子どもが多くて、手が回らなそう
・家族が育児に関わらない

マタニティブルー

マタニティブルーとは産後2〜3日目から始まる、情緒不安定、不眠、抑うつ気分、不安感、注意散漫、イライラ感などの精神症状

30〜50%の褥婦が経験し、これらの症状のピークは産後の5日目頃で、10日目ぐらいまでには軽快します

カバさん
カバさん

25%が産後うつに移行するとの報告もあるよ!

胎盤からの女性ホルモンのエストロゲンが急激に減少するなど、生理的要因が強く関わっています

周産期のうつ病

産褥期はうつ病の好発時期です

既往の精神疾患(単極性及び双極性気分障害、周産期精神疾患)の周産期における発症率は高いです

カバさん
カバさん

産後うつ病を発症した女性の2人に1人が次回出産後に産後うつ病を再発するよ!

産後うつのリスク因子

・精神疾患の既往(特に現在通院中であること)
・ソーシャルサポートの乏しさ
・妊娠中のEPDS高得点
・初産婦
・家族のまとまりを感じられない、家族支援がない

精神科既往の場合の対応

病名、向精神薬の内服の有無、いつからいつまで治療を受けていたかを確認しましょう

体の病気と一緒に、「これまでに入院されたことはありますか」という質問を質問票か問診に入れると良いです。

カバさん
カバさん

入院歴がある場合は、特に注意が必要だね!

体の病気の既往

体の病気の治療を受けていることは、精神的なストレスになりやすいです

産後、育児をしていく上でも、持病の存在は母親にとって心身の負荷になりやすく、産後うつ病のハイリスク要因として注意が必要

幻覚妄想状態

言動が支離滅裂でまとまりがない、被害妄想、幻聴などの症状

産後にこのような症状が急激に始まれば、産褥精神病の可能性があります

妊娠前からあれば、統合失調症の可能性があり、無治療のままこれまで生活していることもあります

治療は基本的に抗精神病薬による薬物療法となり、母子の安全確保が必要です

カバさん
カバさん

母親が統合失調症だからといって、育児が不可能なわけではないよ!

愛情深く、しっかりと子どもを育てている統合失調症の母親はたくさんいます

統合失調症の母親が育児で困っていれば、母子保健においてサポートをしっかりしていきましょう

エジンバラ産後うつ病質問票(EPDS)について

10項目の質問からなり、それぞれに0,1,2,3点で、母親に自己記入してもらう

うつ病によく見られる症状をわかりやすく質問にしてあり、母親が記入後、その場でEPDSの合計点数を出します

合計は30点満点で、日本では9点以上をうつ病としてスクリーニングしている

活用法

9点以上の場合は、1点以上がついた質問項目について詳細に聞き取りを行い、母親の抱えている問題点について聴取していきます

カバさん
カバさん

症状があると回答された質問項目に対して詳細な聞き取りを行うことで、母親の話を十分聞くことになり、精神支援にスムーズに導入できるよ!

追加質問に答えていくことで、母親自身の心の整理にもなります

質問ごとの意味

興味、喜びの消失質問1,2
抑うつ気分質問7,8,9
不安について質問3,4,5

質問6(することがたくさんあって大変だった)は鬱の場合該当する人が多いです

質問10(自分の体を傷つけるという考えが浮かんできた)は自殺念慮の確認をします

カバさん
カバさん

聞いても自殺のリスクを高めるわけではなく、見過ごされる方がリスクを高めてしまうよ!

EPDSで高得点になるのは、産後うつ病の母親だけではありません

何らかの精神的な問題を抱えるために育児に障害をきたし、虐待のリスクを持つ母親も、EPDSは高得点になる

産後ケアの大切さ

産後ケアは産婦の体のコンディションの改善だけでなく、心の健康にもつながる

産後のケアにより育児に対するエンパワメントも行えます

分娩施設の退院・退所後、夫が育児を十分に行えなかったり実母のサポートが得られないような家庭にとって、産後ケアの利用は有益です

カバさん
カバさん

産後の親子の心理社会的支援において、産後ケアの積極的な利用は有益だね!

産後うつ病に対する対応・治療

カバさん
カバさん

まず環境調整を行おう!

どうにもならない時には薬物療法を行なったり心理療法を導入します

本人・家族と治療について本人・家族に必要な情報を提供しつつ、本人・家族の意思を尊重しながら一緒に対応を考えていきましょう

環境調整で睡眠を確保

産後は睡眠を十分に取るのが困難です

睡眠不足は精神状態の悪化につながります

カバさん
カバさん

妊産婦を取り巻く環境を、家族を交えて一緒に整理しよう!

環境調整例

・パートナーが育児・家事を行う
・実母などのサポートが得られるならば積極的に手伝ってもらう
・「何は今やらなくても済むか」「何は周囲のサポートを得れば良いか」
・行政が提供している家事・育児のサポートを積極的に利用

本人の負担をできるだけ軽くするようにし、心身の休養に専念させてあげるようにしましょう

困ったことがあれば気軽に相談してもらえるような関係作りが重要です

精神科治療の要否

精神症状ゆえに本人や家族の日常生活に著しい支障をきたしている場合は精神科治療が必要

周産期の薬物療法

妊娠中・授乳中の薬物療法は、リスクベネフィットを考えて実施されます

カバさん
カバさん

必要があれば、本人と相談して本人の納得の上でためらわず行うのが一般的な対応だよ!

薬を飲んでいれば授乳は避けた方が良いと言われると、多くの母親は薬を飲まなくなってしまいます
→精神状態悪化のリスク

休薬をする場合は注意深い症状モニタリングが必要です

カバさん
カバさん

症状再燃の兆候があれば、速やかに精神科医療機関に相談する!

受診勧奨のポイント

・弱さや怠けではなく病気の状態である

・出産後のホルモンバランスの乱れなどが関係している

・出産した母親の10〜15%がかかる

・うつ病のサインについて

・休養と治療で楽になる可能性が高い病気である

・子どものためにも治療が必要

・心の問題についての母子保健関係者自身のスティグマへの気づきも重要

受診を拒否された場合

うつ病を疑われる人が受診を拒否した場合は、うつ病や薬についての説明、精神科医療についての情報提供など根気よく説明することが大切

時には、本人だけでなく家族が反対している場合もあるので、このような場合には家族の理解を得ることも必要です

メンタル不調の可能性がある人と話をするときのポイント

時間も場所もゆとりを持ったところで、プライバシーには十分配慮して話を聞きます

励まさないで、相手のペースで話を進め、辛い気持ちに共感しながら、話に耳を傾けましょう

カバさん
カバさん

相手が色々な話ができるような形で質問しよう!

不明な点を質問しながら、具体的な問題点をはっきりさせて解決方法を一緒に考える

「何か気になる」という感覚の大切さ

スクリーニングの限界を念頭に置き、目の前の母子のニーズに適合した支援が必要です

カバさん
カバさん

一番大切なのは、関わる中で「何か気になる」という感覚だね!

そのような感覚や臨床的な目を養うために、スクリーニングを外的な基準の参考にしていくと良いです

表面化されていることだけでなく、その人全体を見ることが重要

支援者のメンタルヘルス

長期にわたるケースでは、すぐに良い結果が得られるとは限りません

カバさん
カバさん

支援の経過の途中での見直し、ケースカンファレンスによる意見の交換が重要だね!

難しいケースでは、スーパーバイズなどが有効です

支援者の疲弊を防ぐ

支援者自身が精神的に疲弊してしまうことを予防する必要があります

カバさん
カバさん

カンファレンスなどを通し、同じ立場の同僚などに支えられることも重要だね!

1つの職種だけで難しいケースを抱え込むことは危険で、支援者自身の精神的疲弊にもつながります
→多職種の連携が必要

まとめ

メンタルヘルス不調の妊産婦に対してはスクリーニングなど有効に活用し、早く気づき、関係機関と連携し、親子を支えていくことが大切です

産後の親子の心理社会的支援において、産後ケアの積極的な利用は有益である

メンタルヘルス不調の早期発見には、リスク因子に留意し、心理社会的リスクのある親子への対応の仕方について、地域の多職種間で共通認識を持ちましょう

コメント

タイトルとURLをコピーしました